ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

二股らじうむ温泉 効きそうな湯の力

長万部からちょっと山あいに入ったところにある一軒宿の温泉が二股らじうむ温泉。
今はなくなってしまったいわゆるサラ金屋さんが経営していた温泉宿です。
都内でも地下鉄の広告によく出ていたかと、特に都営線。
ちょっといわく付きの温泉ですが、お湯の力は半端ではなさそう。
温泉の析出物でできた石灰華(カルシウムの固まりが半端ない)が天然記念物になって
いるようなお湯で、湯船でも湯の華が膜を張っている状態。
やや鉄分を含んだダシ味。温度も低め。ここは本当に効きそう。玉川温泉ほどの
インパクトはないものの、じっくり浸かることができる温泉。
ここでは温泉の他に、炭酸泉も出ているようで温度は沢水と同じくらいの冷たい水
ですが、サイダーのような泡々と温泉の味です。
じっくりと湯治がしたい温泉です。
a0219537_22342970.jpg
a0219537_22351552.jpg
a0219537_22355356.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-23 22:36 | 温泉