ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

通潤橋がどこにあるかは知らなかったが、あの橋の真ん中から放水する姿は知っていた。
今回の旅行で降り立った熊本空港からは1時間程度のところにあることを知り、これは行かなくてはと。
調べてみると放水は一日一回、午後1時。
午後7時の飛行機で東京に帰る予定の中、何とも中途半端な時間に放水があるのね。
でもやはりこれは見ねばならない。
午前11時の時点でまだ阿蘇外輪山北側の「ラピュタの道」にいたので、2時間で外輪山南側さらに奥の
通潤橋にたどり着けるか、という問題はあったがまずはぶっ飛ばして行ってみることに。
天は味方した、12時55分に通潤橋前道の駅に到着、放水を始める瞬間に間に合った。
a0219537_23265514.jpg
橋も立派ながらさすがに放水は迫力がある。
a0219537_23285986.jpg
橋の上から見るとこんなことに。
a0219537_23302204.jpg
しかしこの通潤橋、人が渡るための橋ではなくて水路のため欄干もなくて数十メートル下までよく
見える。今まで転落事故はないとのこと。
放水は20分位続けられ、開始から30分後には誰もいない田園風景の中の石橋の風景になった。
これはこれで見応えのある橋であると思う。
a0219537_23334487.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-11-22 22:20 | 旅行
お天気がいまいちだったので滝廉太郎の荒城の月で有名な豊後竹田の岡城址に行ってみた。
かなりの山城で、結構な登りがあって二の丸に着くと紅葉が盛りだった。
苔むした石垣にかえでの紅葉、これは絵になる。
a0219537_23125152.jpg
天に駆け上がる石垣のようで、この石垣の高さはかなりのもの。手すりなんぞは何もないので
恐怖感をも覚える高さ。そこに紅葉の赤みが差している。
a0219537_23115327.jpg
落葉した紅葉も見頃を迎えていた。
a0219537_23122357.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-11-20 22:11 | 旅行
大分県竹田市のくじゅう山麓にある七里田温泉下ん湯にやっとの思いで辿り着くことができた。
ここは多分日本一の炭酸泉、身体に纏わり付く泡が半端ない。どんどん泡が大きくなり身体から離れて浮き上がり水面で弾けるシュワっという音が心地いい。お湯の温度は体温プラスアルファ程度、温まっているという感覚はないが寒くもない、冬の朝のお布団の中のようなヌクヌクした温度。お湯は透明ながら金気味+ダシ味がして、飲むと糖尿病にいいらしい。
行ったのは土曜日の午前11時、既に先客3名、すぐに2人は出て行った。もう一人のおじいさんは北九州からの通い組、だいたい来ると2時間は浸かっているという。どんどん人は来るし、みんな帰らないしですぐに6人になって少々窮屈ながらも浸かっていることができた。ここに入るには受付で鍵を渡されて入ることになるが、多分定員8名程度であろうと思う。
湯口近くには泡がたっている。湯船の中は鉄分で真っ赤になり、温泉成分で飴状の色を呈している。これを見ると本当に効きそうな温泉という感じがする。この泡は二酸化炭素の泡でどんどん弾けて二酸化炭素が湯船付近に溜まって、下手をすると酸素不足の窒息死という危険があるそう。
a0219537_21455849.jpg
なので湯船に近い高さで換気扇が設置されている。
a0219537_21465263.jpg
それにしても凄い泡付きである。八甲田温泉のラムネ湯も泡付きが良かったが、ここのはその倍以上で泡が付いて成長して弾けてゆく。
a0219537_21473741.jpg
素晴らしいお湯の温泉でした。

[PR]
by sam3636sam | 2015-11-17 21:55 | 温泉