ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

群馬県万座温泉から長野須坂方面に進むと万座峠という志賀高原横手山がきれいに見える峠があります。さらに進んで須坂方面から左に折れた先に毛無峠はあります。道としては毛無峠で行き止まり、何でこんなところまで道を付けるのかと疑問に思うようなところです。
この峠は群馬と長野の国境、長野側は緑の山と谷なんですが群馬側は木のない禿山と荒地が延々と。そんな峠にロープウエイの支柱が数台。こんなところにロープウエイまたはスキーのリフトがあったのかと狐につままれたような感覚。
a0219537_22002135.jpg
群馬側はと言えば結構な山奥なんですが、荒地が延々と続きます。
a0219537_22033886.jpg
群馬側の下の方にも1基だけロープウエイの支柱があります。
さては昔は吾妻線の最奥の駅から観光用のロープウエイでもあったのかと思いましたが、そんなに遠くまでロープウエイが
続くわけでもなく。
よく調べてみると、ここには昔(と言っても自分はもう生まれていた時代)硫黄鉱山があって、その硫黄の運搬に索道が
ありあの鉄塔はその索道の支柱であったのでした。
その名も小串硫黄鉱山、最盛期には2千人を超える人がこのすぐ下に住んでいて採取した硫黄を運ぶのも生活インフラも
長野側に運んだり持ち込んだりしていたそうです。そのためにこの索道だけでは足らずにトンネルまで掘ったとのこと。
当時の硫黄は黄色いダイヤと言われるほどの貴重な資源。それが石油精製で硫黄が副産物として採れるようになると
天然の硫黄はコスト高のものに。昭和の高度成長期の頃に閉山になってしまって今では廃墟。
物の哀れを感じさせる近代産業遺産です。
a0219537_21594558.jpg
a0219537_22003650.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-30 23:33 | 旅行
長万部からちょっと山あいに入ったところにある一軒宿の温泉が二股らじうむ温泉。
今はなくなってしまったいわゆるサラ金屋さんが経営していた温泉宿です。
都内でも地下鉄の広告によく出ていたかと、特に都営線。
ちょっといわく付きの温泉ですが、お湯の力は半端ではなさそう。
温泉の析出物でできた石灰華(カルシウムの固まりが半端ない)が天然記念物になって
いるようなお湯で、湯船でも湯の華が膜を張っている状態。
やや鉄分を含んだダシ味。温度も低め。ここは本当に効きそう。玉川温泉ほどの
インパクトはないものの、じっくり浸かることができる温泉。
ここでは温泉の他に、炭酸泉も出ているようで温度は沢水と同じくらいの冷たい水
ですが、サイダーのような泡々と温泉の味です。
じっくりと湯治がしたい温泉です。
a0219537_22342970.jpg
a0219537_22351552.jpg
a0219537_22355356.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-23 22:36 | 温泉
ニセコのお山の上、チセヌプリの麓にある高層湿原「神仙沼」です。
駐車場から歩いて20分ほど、木道の脇に高山植物であるチングルマが咲き乱れ、ハイマツが生い茂る。
a0219537_23221630.jpg
湿原なので水たまりがいっぱい。
a0219537_23240548.jpg
風がない日だったので水面に木や雲が映ります。
a0219537_23230256.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-22 23:14 | 旅行
北海道ニセコのニセコアンヌプリスキー場のすぐそばにある温泉旅館「昆布温泉鯉川温泉旅館」に泊まってきた。
露天風呂が滝の横にあって、滝を見ながら温泉に入るという趣向の旅館。滝と言っても2mほどの高さの滝ですが。
空いていて貸切状態でした。
a0219537_18161136.jpg

夜も貸切でしたが、ちょっと怖いくらい。
熊なんぞが出てきたらどうしようか、というくらいでした。
a0219537_23103087.jpg
a0219537_23245668.jpg



[PR]
by sam3636sam | 2015-06-18 21:09 | 温泉
ふるさと納税でお願いしていたマンゴーが到着。
日向市で1万円の寄付です。
マンゴーは日南市で2万円の寄付もしていますので
さらに届く予定。
a0219537_21352177.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-11 21:38 | 備忘録
川が温泉になっているところはたまに目にしますが、今回初めて川が天然露天風呂になっているところに入浴しました。
場所は草津からも程近い六合の尻焼温泉です。
川全体にお湯が流れており、上段は熱め、下段は温めという具合。
自分を含めても5人くらいしかおらず、全員男なのでもちろん裸。(お子ちゃんは水着を着ていたが)
温泉の成分が岩にこびりついているためか、岩がヌルヌルで滑って足に傷だが痛みはなくてよかった。
上段の熱めのところの底から温泉が湧いているようですが、確認できず。
でも、川全体がお湯というのはお得感があってよろしい。
a0219537_22280096.jpg
水の色は緑掛かっており、下段はちょっと深くて深さは1mちょい、上段は浅くて50cmくらいか。
a0219537_22282221.jpg
下段のぬるいお湯にじっくり浸かっておりました。

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-02 22:00 | 温泉
万座温泉、志賀高原、帰りに草津温泉というドライブついでに万座温泉でプチ湯治。
泊まったのは万座温泉でも一番奥にある日進舘。ここの露天風呂は高台にあって地獄を一望する開放感溢れるお風呂。
夜10時それに朝7時半頃に行った時は貸切状態となりました。
いい空気を吸ってのんびりぬるいお湯に浸るというまさに極楽です。
a0219537_22161337.jpg
夜はライトアップされていてまさに秘湯という感じ。
a0219537_22155646.jpg
お湯の面から言えば、加水なしの源泉100%が味わえる内風呂の姥湯がぬるくてじっくりと浸れる。
a0219537_22163123.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-06-01 22:09 | 温泉