ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

南大阪河南町の山沿いにある弘川寺の紅葉です。
西行法師終焉の地という表記が地図にあったので行ってみたら思いもかけないこの紅葉の見事さ。
なぜここが西行法師終焉の地なのか、ということは置いておいても、このお寺さんタダものでは
ありません。普通はこんな立派な紅葉だったら拝観料とるはずですよね。でもどうぞご自由にと
いう姿勢。
この辺りもいろいろ調べるともっと興味深いものが出てくるのでしょう。

ご本堂のあたり
a0219537_11200926.jpg
a0219537_11194957.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2014-11-28 21:17 | 街歩き
a0219537_20211928.jpg
有名な温泉である酸ヶ湯に泊まってきました。お安い湯治棟。
ここの温泉は玉川温泉に優るとも劣らない強酸性泉で、渋い味がします。
千人風呂と言うようにとても広いお風呂で混浴になっています。
午前と午後の8時台は女性専用となるため、その直前に行くと空いてまして貸し切りでした。
熱湯(ぬるゆ)はやや熱めのお湯でずっと入っていられそうな温泉、その奥の四分六の湯は
さらに熱い湯です。
ここはもう一度来たい温泉です。
a0219537_20213136.jpg
a0219537_20205852.jpg
a0219537_20210844.jpg
奥入瀬渓流を歩いたあとは日本三大秘湯の谷地温泉へと。
ここはさらにぬるい湯で、ほぼ体温並み。
なのでいつまでも入っていられます。約1時間は入ってました。
湯船の底は木の板が渡してあって、その板の隙間からお湯が湧いています。
いわゆる足元自噴温泉で、ポコポコと泡が出てきます。

a0219537_20224498.jpg
a0219537_20230078.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2014-11-14 22:18 | 温泉
下北半島の上の方に位置する下風呂温泉は本州最北の温泉地とのこと。
温泉地としては小さい街ですが、源泉がいろいろあって大湯、新湯、海辺など。
今回は新湯温泉のつぼた旅館さんに宿泊です。
宿泊客は一人旅のライダーさんと自分のみ。
当然温泉の湧く湯船は貸し切りです。

下風呂温泉は硫黄温泉で、ここのお風呂も真っ白なお湯でした。湯口には
ストッキングで湯の華を集めるようになっていました。
恐山温泉に続いて、硫黄温泉、もちろん温泉三昧です。
a0219537_22413155.jpg
一泊二食で泊まりましたが、海のもの勢揃い。朝食にはイカソーメンです。
a0219537_22413961.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2014-11-13 22:35 | 温泉
恐山菩提寺には閉山後の11月始めに訪れました。公式には閉山後で社務所も閉まっていますが入山は可能。
拝観料500円を納めると入山可能です。
恐山霊場巡りを終えて冷えきった身体に効くのが温泉。
ここ恐山は立派な硫黄泉の源泉を持つ温泉場です。入浴は無料というか入山料に含まれています。
温泉は掘っ立て小屋風の小屋が5軒ほど。
今回訪れたのは参道脇にある冷抜の湯。
真っ白な硫黄泉が待っておりました。
この時期、入山者自体が少ないために温泉場も誰もいませんでした。
a0219537_21563601.jpg
少々熱めの湯に、たまに水を入れて長い時間お湯に浸かっているとやはりここは天国です。


[PR]
by sam3636sam | 2014-11-12 21:59 | 温泉
スピリチュアルなスポットである下北半島を巡ってきました。
下北半島といえばやはり恐山、ここはやはりパワースポットでした。でもパワースポットと言えども
アップ系とダウン系があって、ここはダウン系。自らを省みるスポットかと。
訪れた日は既に公式の閉山日である10月末日を過ぎた11月初旬、恐山は非公式ながら門は開いており
巡礼ならびに付属の温泉にも入れるという状況。
然しながら、やはり訪れる人は少なくそれがさらに自省を深めることとなります。
ここはイタコの口寄せなども行われる地ですが、それ以上に何もない環境のもとで自らと向き合い、省みる
こと多しという地でしょうか。
a0219537_21555798.jpg
訪れた11月は既に冬間近、お地蔵さんもホッカムリをされる位にこれからは厳しい冬の訪れとなるのでしょう。
a0219537_21560835.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2014-11-10 21:47 | 旅行
最近は東京北方面に引っ越したせいか、中央線よりも北側でウロウロしていることが多いです。

秋には銀杏がきれいな東大界隈をウロウロすることも多いです。

で、この赤門、ここを潜ると東大キャンパス、今頃この辺りをウロウロしてもしょうがない、
30年前にウロウロできていれば今頃は今とは違う人生を歩んでいたことでしょう。
ま、今から言っても始まりません。
a0219537_21444912.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2014-11-06 21:39 | 街歩き
中央区恒例のまるごとミュージアムに参加。
今年の目玉は日本橋川クルーズで船に乗ること。
ということで朝早くから日本橋コレド界隈をウロウロ、パンフをもらって日本橋へ。
日本橋の上にはちょっとだけ行列、並んで待っているとちょうど船の定員が前の人で
終わって次の乗船となり、結果エスエスNano2の最前列に乗ることができました。
a0219537_22433117.jpg
クルーズのコースは日本橋川を遡って常盤橋手前でUターン、下流へどんどん進みます。
途中大きい橋の下を潜りますが、結構ギリギリで迫力があります。
a0219537_22435054.jpg
いい感じで進んで行きますが、何があったのかさらに進んで隅田川にまで到達。
これは船頭さんの大サービスとのことです。
a0219537_22440609.jpg
日本橋川の上には高速道路が走っていますが、茅場町あたりからは箱崎に向う
ので川の上は開けていることに気付きました。
そんなこんなで30分弱のクルーズでしたが、やはり最前列はおもしろかった。

ついでに日銀の公開もしていたので日銀の内部に入ることができた。
a0219537_22441474.jpg


[PR]
by sam3636sam | 2014-11-05 22:43 | 街歩き