ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久しぶりに旧ホームタウン神田をウロウロ。日曜日はさすがに神田もほとんどのお店が休み。
そんな中で営業しているのが神田江戸っ子寿司です。
神田勤務時代はたまに行きましたね。ネタが大きくて満足する割にリーズナブルなのね。
で、久しぶりに行ってランチですが普通のランチ寿司、1,050円とスペシャル系寿司1,780円。
見た目はあんまり変わりませんが、スペシャル系は中トロが2貫で海老はボタン海老。
さすがにネタは大きくて満足度高し。
これが普通系。
a0219537_21493621.jpg

で、これがスペシャル系。
a0219537_2150538.jpg

見た目は変わりませんね。
[PR]
by sam3636sam | 2013-01-27 21:41 | 食歩記
健康診断で悪玉コレステロール(LDL)が決定的にヤバイ数値(168)になってしまったので、これからは肉類やら動物性脂肪を減らさないといけません。反対に増やすのは、野菜・海藻(食物繊維)や青魚(DHA、EPA)、オリーブオイル(オレイン酸)です。

ここで食用オイルの整理。
1.オレイン酸(一価不飽和脂肪酸)
  オリーブオイルの8割 安定性高 LDL低減 HDL下げない
2.リノール酸(n-6系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸))
  菜種(キャノーラ)油 LDL低減高 HDL下げない 摂取過剰は注意
3.α-リノレン酸(n-3系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸))
  菜種油に1割程度 安定性低 DHA/EPAに変化
4.パルミチン酸(飽和脂肪酸)
  パーム油 LDL上げる 安定性高

ということでオレイン酸の摂取を高める必要がある訳です。

烏賊と言えばコレステロールですが、タウリン(コレステロール値を下げる)も含有されているため中立のようなことらしいです。

この烏賊を丸ごとニンニクとオリーブオイルでサッと炒めたのがスペイン風です。
強火でサッと炒めただけなので烏賊がとっても柔らかいです。
これはもう一度やってみる必要があります。
a0219537_23381256.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-26 21:12 | お料理
先週の土曜日の夜(今週の土曜日は終日在宅でした。)に子連れで日仏学院 L’INSTITUTのディナーに
行って参りました。お祝いごとを兼ねてのお食事会でしたが、またまた鱈腹状態で帰って来ました。
前回の体験を奥さんにしたところ絶対に連れて行けとの催促がありましたので。
a0219537_205226100.jpg

土曜日は家族連れも来るようで、我が家以外にも1組のご家族(近所のフランス人家族という感じでした。)
がおられて、カジュアルな雰囲気ながらも本格的な接客とお料理を出されます、流石です。
今回もお父さんはグルマン(魚肉両方のコース)、お母さんはプレジール(スープ+メインのコース)、ガキは
取分けと相成りました。まずは突出しのあと、イベリコハムのサラダです。これは前回食べてそのボリュームに
満足したもの。今回も何でこんなに肉(ハムという感じがしません。)が入ってるのという、準メイン級の量感に
再び感動です。
a0219537_20515739.jpg

お父さんの魚はブイヤベースに。海老の強い味がしてスープだけガツガツ飲んでしまう程。
大好きな味です。魚の大きい切り身も入ってる。肉は豚のロースト、すんなりワインに合います。お母さんの
スープはコーンクリーム、メインは子羊のローストでこれは羊肉のコクが残っています。
a0219537_20525454.jpg

a0219537_2053728.jpg

デザートは苺のコンポート+アイスクリーム
a0219537_20543328.jpg


メニューにはボトルワインがたくさん載っていて、少々不釣合なお値段してますのでハウスワインを
お願いします。(確かメニューには載ってなかったような。カウンターに瓶が載ってます。)
これがメニューにあるボトルワインとは違っていて結構波々注いでくれて軽いほうが600円、重い
方でも900円ととても良心的なお値段です。

不躾なガキは途中から夢の中、2時間弱は寝ていたような。ベンチ席を押さえてくれていて正解でした。

このレストランは本当にご家族のちょっと気張ったディナーにもってこい(雰囲気・味・コスパのバランス
が最高です。)のようです。

尚、この日もお客さんを入れていたのは手前のスペースだけで奥のスペースは非営業でした。
(奥のスペースではフランス人店員さんがグラス磨きに一生懸命のようでした。)
[PR]
by sam3636sam | 2013-01-20 21:05 | 食歩記
随分と久しぶりに風邪で会社を休みました。
インフルではなかったので重症にはならなかったのですが、その症状は体温37度代後半継続、背中辺りの
筋肉痛、そして最も顕著であったのが喉の腫れ(痛みはそれほど)です。
何と言ってもノドチンコがベロンと伸びてまるで鍾乳石の如し。こんなに伸びてしまって元に戻るのかという
懸念が残ります。
それで思い出したのがベトナムハロン湾の鍾乳洞。原色のライトに照らされて、ここはどこ状態でした。
日曜日になってやっと軽快方向へと。
久しぶりの散々な週末でした。
a0219537_2027227.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-20 20:27 | 備忘録
今日、成人の日は朝から雨でどこにも行く気がしないと思っていたら、いつの間にか雪に変わっていてそれも結構吹雪いているってことに。
そのうち止むだろうと思っていたら全然降り止まずに、結構積もってしまいました。
もう数年前になるだろうが、やはり成人の日に大雪になったことがありました。
雪の特異日なんだろうか、いやその前に成人の日自体が固定された日ではなくなっている。
余りにも降ったので、次の日は都内でもあちこちアイスバーンになっていて通勤に往生しました。
写真は北海道やら信州ではなくて、うちの目の前です。えらいこっちゃ。
a0219537_23101726.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-14 20:02 | 備忘録
お天気もよかったので夕刻日仏会館の予約時間まで本郷周辺をふらりしてきました。
御茶ノ水方面から歩いたので、まず目に入ってきたのが麟祥院(りんしょういん)。
a0219537_033132.jpg

春日局のお墓があるお寺さんです。都心にこんな空間が、と思うくらいゆったりした空間です。春日局のお墓は墓地のさらに奥にあります。さすが大きいお墓で、変わったことに四方に穴が開いてます。
午後3時には拝観終了とのことでお寺の方に門は閉めますので木戸から出てね、と緩い対応をされました。
マイナスイオン一杯で、さらにのんびりした空気に癒されます。
次に向かうのは本郷の土地の大部分を占める東大です。高校生の頃は残念ながら東大に入ろうなどとは夢にも思いませんでしたが今になって東大に「入って」きました。
今回はマイナーなところを見て来ました。
医学部二号館(昔は本館、赤門の正面にドンとあります。)の裏側、所謂通用門です。ここに東大医学部を物語る石碑が壁に埋め込まれています。一番ビビるのが「大理石の解剖台」です。過去何人もの人が解剖を受けてきたその実物が壁に埋め込まれて碑文も彫刻されています。
今ならノーベル賞受賞間違いなしの山極先生(世界で初めて癌細胞を発生させたとか)の歌の碑もあります。
ここは東大の超場末という感じで、建物の取壊し現場という趣です。
a0219537_0273479.jpg

次に安田講堂。もう何十年前になるのか、学生運動の象徴です。自分はここが舞台となった闘争を覚えてません。(記憶にあるのは浅間山荘事件からです。)
a0219537_0171726.jpg

次に有名な赤門。今でも現役の門です。
a0219537_0181729.jpg

工学部から歩道橋を越えて農学部の方にも行ってきました。
農学部のある弥生キャンパスの最奥部にはおしゃれな学食がありました。
a0219537_020222.jpg

アブルボアというレストランで、バーもあります。土曜日でも3時からはハッピーアワーがあります。
一度行かないといけないです。
赤門からキャンパスを出て、菊坂経由でラクーアに寄り家族と合流して日仏会館に向かいます。
a0219537_0243864.jpg

ラクーアはまだライトアップしてました。
a0219537_0251572.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-12 21:58 | 街歩き
ふらり上野まで一人旅、ってまぁお買い物のついでです。
上野公園の博物館前はきれいに整備されておりました。その先に進むと東京芸大の陳列館で無料の展覧会。
芸大の先生の退官記念、「池田政治 アウト・オブ・サイト」。
公園などのオブジェを手掛ける先生です。主な作品は欅の彫刻に漆を塗ったシンプルなもの。木の艶やかさはまさに仏像のお肌並みです。こんな立派なもの無料で見てていいんですかい。
a0219537_23244090.jpg

次に公園に戻る途中で東京都美術館に。ここでも無料の展覧会がいろいろあって、今回は「書」がメイン。
和歌、短歌、俳句を流麗な文字で掛け軸に書かれてます。
「書(字)」としてもいいですが、和歌や短歌の意味が横に小さく書かれていてそちらも奥が深いです。
書道を始めようかという気にもなりますが、遠慮しときましょう。
展示室一面に畳を敷いて金の屏風を並べている展覧会もありました。これはお寺さんみたいに靴を脱いで畳に上がって正座をして屏風を眺めるという趣向です。なかなか落ち着いて見れます。
何だかんだと2時間弱芸術的雰囲気に包まれて、それでもってお金全然使ってません。
こういうお休みの過ごし方もあるんですな。
a0219537_23304469.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-05 23:32 | 街歩き