ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

HSBC香港メインオフィスで口座開設

マレーシアでMM2H(いわゆるリタイアメントビザ)を取得した際に強制デポジットをHSBCMalaysiaで作成、せっかくなのでさらにデポジット(定期預金)を積んでPremier口座を開設してました。
オフショアバンキングの要としてHSBC香港にPremier口座を開設してさらにゴリゴリとキャピタルフライトを加速(なんぼ持ってるの、という問題はさておき)させようという魂胆で香港セントラルにあるHSBCの牙城、香港メインオフィスに乗り込んできた。事前にメール(もちろん英文)で問合せたところ、住所を証明する英文の文書と30万香港ドル(450万円)持って来てね、との回答だったのでこりゃ舐められてるかも、と思って敢えて本拠地に乗り込んできたんです。
ちょっと前まではどこかの国でPremier口座を持っていたら無条件で口座開設できていたのに、2015年初頭からマネロン問題が香港でも勃発(ISの影響か)、非居住者には口座開設は極めて厳しくなったとのことで、特に英語ができないと門前払いとのこと。
香港の銀行は土曜日でも午前中は営業していて、朝の10時頃に現場に到着。
a0219537_22552496.jpg
このライオン像、香港ドルのお札(HSBC発行)にもなっているものでちょっとした観光名所にもなっていて、このビルの1階が伽藍堂なのも風水を考えているからとのこと。
長いエスカレーターを登るとLevel3、ここの受付のお姉さんにHSBCMalaysiaのキャッシュカードを見せて口座を開設したいとお願いしたところほどなくブースに通されました。まぁ、マレーシアながらもPremierの顧客なんですからね。担当のお兄さんはスーツではなくてダウン着てましたがとっても丁寧なわかりやすい英語で開設手続き開始です。しつこく聞かれたのが「何で香港で口座開設するの?」です。もちろん「Investment to funds、time deposit」とか適当に単語を並べて、いかにも英語らしく巻き舌で答えておきました。概ね手続きは終わったかなと思われた頃におもむろにお兄さんは席を外して、やっと帰ってきたかと思うと横のブースに移動してとのこと。
a0219537_22554263.jpg
そのブースにはスーツのお兄さんがいてまたまた同じ質問。このお兄さんにはPremierを開設したかったら1百万香港ドル入金してね、と言われる始末。他国でPremier持ってたら無条件でPremier開設できるのじゃないの、と言っても1百万香港ドルは譲ってくれなくて、結局一番下のスマートバンテージでいいや、と言ったのに持って来たカードはAdvance。
まぁ、口座ができるんならなんでもいいか、と思ってサイン。Advanceの赤いカードと小切手帳をもらって口座開設は完了。同じフロアの反対側にあるカウンター(日本の銀行と同じような)で日本円を香港ドルに両替(15万円以上の両替は手数料0.25%取るとのことなので15万円を両替)、横のATMでPin(暗証番号)の変更と入金を行いカードのアクティベーションも完了。何だかんだで2時間も掛かってました。午前中の観光タイムがなくなってしまった。
a0219537_22560034.jpg
赤いカードが今回ゲットしたAdvanceのカード。銀聯カードのDebit機能もあるらしくて裏に銀聯マークあり。Premierのカードとトークンはマレーシアのもの。
Advanceの最低預入金額は20万香港ドル(300万円ちょい)で、これを下回っていると毎月2000円弱の手数料を取られる(毎月ですから!)のでとっとと送金しないといけない。
帰ってきてからインターネットバンキング登録とトークンの請求は完了。
早く送金しないと、とやや焦る此の頃です。

[PR]
by sam3636sam | 2016-01-24 21:32 | 旅行