ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

くじゅう山麓七里田温泉下ん湯のラムネ泉

大分県竹田市のくじゅう山麓にある七里田温泉下ん湯にやっとの思いで辿り着くことができた。
ここは多分日本一の炭酸泉、身体に纏わり付く泡が半端ない。どんどん泡が大きくなり身体から離れて浮き上がり水面で弾けるシュワっという音が心地いい。お湯の温度は体温プラスアルファ程度、温まっているという感覚はないが寒くもない、冬の朝のお布団の中のようなヌクヌクした温度。お湯は透明ながら金気味+ダシ味がして、飲むと糖尿病にいいらしい。
行ったのは土曜日の午前11時、既に先客3名、すぐに2人は出て行った。もう一人のおじいさんは北九州からの通い組、だいたい来ると2時間は浸かっているという。どんどん人は来るし、みんな帰らないしですぐに6人になって少々窮屈ながらも浸かっていることができた。ここに入るには受付で鍵を渡されて入ることになるが、多分定員8名程度であろうと思う。
湯口近くには泡がたっている。湯船の中は鉄分で真っ赤になり、温泉成分で飴状の色を呈している。これを見ると本当に効きそうな温泉という感じがする。この泡は二酸化炭素の泡でどんどん弾けて二酸化炭素が湯船付近に溜まって、下手をすると酸素不足の窒息死という危険があるそう。
a0219537_21455849.jpg
なので湯船に近い高さで換気扇が設置されている。
a0219537_21465263.jpg
それにしても凄い泡付きである。八甲田温泉のラムネ湯も泡付きが良かったが、ここのはその倍以上で泡が付いて成長して弾けてゆく。
a0219537_21473741.jpg
素晴らしいお湯の温泉でした。

[PR]
by sam3636sam | 2015-11-17 21:55 | 温泉