ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

木津川に架かる流れ橋(京都府八幡市)

伊賀に始まり淀で合流する木津川ですが、淀の三川合流(桂川、宇治川、木津川が合流して淀川となるその合流ポイント。)のちょっと上流に流れ橋があります。流れ橋とは洪水時に橋が丸ごと流されてしまうのを防ぐため橋桁を固定せずに流れに任せてしまい橋脚だけにすることによって流れの抵抗を逃がすというもの。流された橋桁はワイヤーで繋いであって洪水が収まると回収する仕組みです。橋桁には欄干がなくてちょっと怖いかな、と思いつつ橋の袂に行ってみると見事橋桁はありませんでした。ということで橋脚のみ、延々立っているという万里の長城ならぬ万里の橋脚です。
a0219537_22380562.jpg
橋桁が載っていればまっすぐの橋だったのですが。
何分橋脚のみ。
a0219537_22384357.jpg
川の水が少ない時には川床にも降りることができます。
神社の鳥居ではありませんが、伏見稲荷の如く橋脚だけがズラッと並ぶ姿は、これ絶景。
a0219537_22391567.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2015-05-04 23:42 | 旅行