ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

東大キャンパスあたりをふらり

お天気もよかったので夕刻日仏会館の予約時間まで本郷周辺をふらりしてきました。
御茶ノ水方面から歩いたので、まず目に入ってきたのが麟祥院(りんしょういん)。
a0219537_033132.jpg

春日局のお墓があるお寺さんです。都心にこんな空間が、と思うくらいゆったりした空間です。春日局のお墓は墓地のさらに奥にあります。さすが大きいお墓で、変わったことに四方に穴が開いてます。
午後3時には拝観終了とのことでお寺の方に門は閉めますので木戸から出てね、と緩い対応をされました。
マイナスイオン一杯で、さらにのんびりした空気に癒されます。
次に向かうのは本郷の土地の大部分を占める東大です。高校生の頃は残念ながら東大に入ろうなどとは夢にも思いませんでしたが今になって東大に「入って」きました。
今回はマイナーなところを見て来ました。
医学部二号館(昔は本館、赤門の正面にドンとあります。)の裏側、所謂通用門です。ここに東大医学部を物語る石碑が壁に埋め込まれています。一番ビビるのが「大理石の解剖台」です。過去何人もの人が解剖を受けてきたその実物が壁に埋め込まれて碑文も彫刻されています。
今ならノーベル賞受賞間違いなしの山極先生(世界で初めて癌細胞を発生させたとか)の歌の碑もあります。
ここは東大の超場末という感じで、建物の取壊し現場という趣です。
a0219537_0273479.jpg

次に安田講堂。もう何十年前になるのか、学生運動の象徴です。自分はここが舞台となった闘争を覚えてません。(記憶にあるのは浅間山荘事件からです。)
a0219537_0171726.jpg

次に有名な赤門。今でも現役の門です。
a0219537_0181729.jpg

工学部から歩道橋を越えて農学部の方にも行ってきました。
農学部のある弥生キャンパスの最奥部にはおしゃれな学食がありました。
a0219537_020222.jpg

アブルボアというレストランで、バーもあります。土曜日でも3時からはハッピーアワーがあります。
一度行かないといけないです。
赤門からキャンパスを出て、菊坂経由でラクーアに寄り家族と合流して日仏会館に向かいます。
a0219537_0243864.jpg

ラクーアはまだライトアップしてました。
a0219537_0251572.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2013-01-12 21:58 | 街歩き