ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

大江戸温泉物語初めて行った。

リハビリの一種に温浴療法というのがあります。温泉につかって患部を温めて可動域をゲインするという療法ですな。これをやろうと思い関東圏の温泉を調べていたところ、日帰り施設いわゆる健康ランドにも温泉があるのが分かりいろいろ調べた挙句「大江戸温泉物語」がピックアップされました。(普通の銭湯にも温泉がある。)
で、さらに調べを進めてゆくうち会社の福利厚生カフェテリアプランで入場料50%オフ(但し夏限定)というのがあり、さらにシャトルバスがうちの近くまで来てるというのが判明、こりゃ行くしかないだろ。
すでにこの施設、できてから8年が経過しているらしく、できたころは連日満員というので避けて来ました(入場料も三千円近くで高い。)がとうとうその日が来ました。
今回のプランは入場料1400円(正規は2900円)です。でもJALカードホルダーなら通年で1700円らしい。
正午まえに住吉駅を通過するシャトルバスに乗り込み、門仲、豊洲とすぎて40分ほどで台場に到着。今日のお台場はコミケとお台場合衆国のせいか恐ろしく混雑しており、臨時駐車場がすべて満車ってどんだけ混んでるのって、道も渋滞です。
お風呂屋さんに到着するとまだ1時前なのか番台もスムーズ、お風呂自体もさほど混んでおらずさすがこのクソ暑いのにさらに熱い風呂に入りに来る物好きは多くなかった。1時間ほどリハビリに専念。ここの温泉ってナトリウム泉で海水のような塩辛さでやや色が着いている。サウナも2回こなして汗が出尽くしたところで休憩所にゆき生ビール(やはり600円と高い!)を堪能し、足湯に移動。屋外なのでとても暑く木陰で足をつけてちゃぷちゃぷです。また風呂場に戻り(3時を過ぎるとここも恐ろしいほどの混雑に。まさに芋の子を洗う。)リハビリ専念後にシャトルバスの時間にいい時間になってきたのでお風呂から上がり退場。5時の東京駅行(江東方面行きはかなり後になる。)は満席、何とか座って八重洲まで帰りました。品川行きシャトルバスは何と2階建て観光バス、あれははとバスのお下がりに違いない。
a0219537_223015.jpg

[PR]
by sam3636sam | 2011-08-14 22:02 | 街歩き