ブログトップ

モレスビな日々

sam3636sam.exblog.jp

モレスビおっさんの旅行・グルメな日々

最近のジョギングコース、大阪城から桜ノ宮公園で一番目立つ建造物。これも昔の良き大阪時代の遺産。
a0219537_21233937.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2017-08-14 21:06
これだけは絵にしたかった光景、大阪府南河内郡河南町の弘川寺。歌人西行法師終焉の地として知られながらも、大阪南部の片田舎にあるお寺さん、まさかこんなに優美な紅葉とはしりませんでした。写真で撮ったのもいいんですがここはやはり絵にしておかねば。
a0219537_22563751.jpg
a0219537_22493156.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-11-08 22:48 | お絵描き
果物や野菜などの静物は 最初難しかったけれども最近はなんだかうまくかけてるなあと思う。 ドラゴンフルーツ、洋梨、アボガド、柿 表面の質感が 大事。
a0219537_00142101.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-10-02 00:12 | お絵描き
水彩画のグループ すけっちぶっく18のグループ展に出品。 合計5枚。
a0219537_23553518.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-10-01 23:54
今年の7月に行った富良野のラベンダーイーストをモチーフにした作品、 『富良野のラベンダー畑』。 十勝岳連峰をバックにしたとっても大きなラベンダー畑がラベンダーイースト。
手前のラベンダーは濃くてだんだんと淡くなってゆく、 東北の十勝岳も結構淡い青色。

a0219537_23443087.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-10-01 23:42 | お絵描き
印象的な赤いチューリップ 水彩画の技法の一つであるぼかしを多用した作品。
輪郭に濃い色を置いて内側に向けて水でぼかしていく。F6 透明水彩
a0219537_23315818.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-10-01 23:30 | お絵描き
マレーシアKLでの一週間は特にリゾートに行く訳でもなくのんびりとペトロナスツインタワーの近くでブラブラ。燦然と輝くシルバーのツインタワーを見ながらその裏手の公園をのんびりお散歩というのが朝の日課。コンドに戻って道端で売っているナシレマを食べてプールに入った後は涼しいショッピングセンターをブラブラ、夜になるとちょっと高級系のレストランで晩ごはん、帰りにライトアップされたツインタワーを見てコンドに戻るという生活。退職後はこんな生活続けたいんだけど、すぐに飽きちゃうんだろうと。でもやはりツインタワーを見てると癒やされるわ。
a0219537_21095429.jpg

公園お散歩は朝の日課。
a0219537_21104558.jpg
a0219537_21101265.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-08-15 21:09 | 旅行
今年の夏休みはリゾートではなく、マレーシアKLで街なか暮らし。今回も節約旅行で、LCC、Airbnb,Uberという日本では馴染みの薄いサービスをフル活用して安上がりに仕上げることができた。LCCは最近日本でもよく聞く格安航空会社、今回はAirasiaXで関空~KLが12,000円(片道)ほど。東京~京都の新幹線とほぼ同料金。Airbnbは民泊。民泊ながら今回泊まったのはツインタワーからほど近い43階建ての高級コンド。両隣が銀行本社という大手町のような立地でプール付き、3Bedroom、100㎡超のコンドですが1泊は1万円弱。
Uberは自家用車でのタクシーサービス。スマホから予約ができて5分程度で来てくれる、決済はカードなのでサインも要らないし運転手も乗客から評価されるので変なことはないしというもので、空港からKLCCまで約1時間で2,500円という優れもの。運転手はそこら辺にいるお兄ちゃんですが自家用車を持ってる位なのでとってもまとも、英語もうまいしお話上手。
いずれのサービスも日本国内ではLCCを除いて一般的になることはない、かも知れないサービス。また、うまく使っている分にはいいが一旦事故ると酷い目にあう可能性が極めて高い、云わば究極の自己責任が求められるサービス。
それから番外編でクレジットカードの凄いサービスも享受できた。たまたま持っていたカードがCITIのゴールドカード(日本国内のCITI個人部門は撤退、現在のカードオペレータは三井住友信託だが、有効期限まではCITIの券面のカードのままだった)で、Westin KLのレストランの支払いをしようとしたら何故か時間が掛かってしまい何なのかと思っていたら、何とCITIゴールドのキャンペーンで45%引きとのこと。高級ホテルでのお食事代が突然約半額になるという。多分マレーシアのCITI(花旗銀行)カードのキャンペーンでしょうがカードの券面は「CITI」なので割引適用!なのかな。請求時に割引適用は誤りと言って正規の額を請求されるかも、と思っていたらちゃんと割引金額で請求が来ていた。ついでにUberの請求も700円とかが来ていた(30分以上は乗っているのに)のでとってもお得な旅行になった(GrandHyatt KLの請求も1万円ちょいで、これもお得感あり)。いろんな安上がりのサービスが使えて、それで高級レストランにも行けたりと、とっても癒やされたKL旅行。
a0219537_23095750.jpg
a0219537_23105800.jpg
a0219537_23163423.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-08-14 22:20 | 旅行
7月初めのラベンダー咲く頃にふたたび美瑛の丘を訪ねてきた。
お天気もまずまず、今年は気持ち麦畑が多かったような気がする。
国産小麦粉が重宝される時代が来たのかな。
a0219537_21521226.jpg
これは赤麦畑、もう少しすると燃えるようなオレンジ色になるはず。
a0219537_21530216.jpg
麦畑もいろいろな彩りがあってきれいなパッチワークになっている。
a0219537_22240721.jpg
去年はじゃがいも畑だったここも今年は麦。
美田のカラマツ林、マイルドセブンの丘。

[PR]
# by sam3636sam | 2016-07-20 22:25 | 旅行
もう30年以上も昔のこと、学生時代に北海道バックパッカーやってた頃に聞いた話では富良野のファーム富田の満開になったラベンダーは凄いということであったが、話が花のことでやや少女趣味に感じていたのと全国から観光客が押し寄せて混雑渋滞が半端ないというのも聞いたいたのであまり行きたいとは思わなかった。それに富良野よりも美瑛に魅力を感じていたことも。
しかしその後ファーム富田の写真を見るたびに満開の時期に行ってみたいと思うように。
ようやく昨年満開よりもちょっと早い時期に訪れることができ、今回ほぼ満開となったファーム富田ラベンダー畑を訪れることができた。
ラベンダーイースト、ファーム富田ともに早咲きの濃紫種が満開で紫のじゅうたんを見ることができた。
a0219537_23421603.jpg
おかむらさきはまだまだこれから。
a0219537_23413595.jpg

これでもかというくらいの紫色の花と香りに包まれて幸せな時間が過ごせた。
a0219537_23385161.jpg


[PR]
# by sam3636sam | 2016-07-18 21:41 | 旅行
積丹半島へ積丹Blueを探しに行ってきた。積丹半島に行くこと自体30年ぶり、学生時代に小樽塩谷の旅人民宿に泊まってバスで日帰りで行って以来。
あの頃はまだ積丹Blueなんて聞いたこともなくて、とにかく風光明媚なところという記憶しかない。
今回はニセコからお山を下って岩内から神恵内を通り西の河原を横目に見ながら神威岬へと。
このルートは学生時代にはまだなかった、あるいはバスが通っていなかった記憶がある。
現在では2Kmや3Kmのトンネルが続いて高速のような道が通っている。

神威岬はところどころキスゲが咲く中を遊歩道を通り岬の先端まで。
周りは探していた積丹Blueの海が広がる。
積丹の海の石は白いのか、沖縄の珊瑚の海のようにマリンブルー。
これが積丹Blueかな。
a0219537_23382437.jpg


[PR]
# by sam3636sam | 2016-06-25 23:23 | 旅行
美の感覚を養うためについ先週国立西洋美術館に行ってきました。
第二、第四土曜日は常設展は無料です。
有名な、美術の教科書で見た記憶がある絵の実物がありました。
クールベとか、
a0219537_22142079.jpg
モネとか、
a0219537_22144525.jpg
とか、
a0219537_22143501.jpg
a0219537_22151102.jpg
とにかくモネが大好き、この色遣い。睡蓮の碧い水面の色なんぞは永遠の憧れ。
この国立西洋美術館の建物が世界遺産に選ばれようとしています。
a0219537_22174047.jpg
松方コレクションをフランスから返還される際に、受入先美術館がないということで無理やり
おフランス様に建てさせられた(お金はもちろん日本側)この建物が戦後数十年を経て世界遺産
とは、これも皮肉なものです。
松方コレクションはさすがとは思いますが、この建物が世界遺産とは。まぁ、それでも日本の
世界遺産が増えるんですからいいことかもね。

[PR]
# by sam3636sam | 2016-05-17 22:21 | 街歩き
帰省のついでに京都駅から歩いて東福寺まで。
紅葉時の通天橋で名高い東福寺ですが、今の季節の青もみじも瑞々しくてよろしい。
まずは臥雲橋から通天橋方面、青々したもみじがたっぷりと堪能できます。
a0219537_23133175.jpg
ここは下に川が流れてるんです、そのための橋です。
a0219537_23132544.jpg
境内には橋が三つあって一番下流側が今いる臥雲橋。その上が通天橋でこの橋は渡るのにお金掛かります。
そのもうひとつ上にも橋があって、これは本坊の裏手にあるためにひっそりとしてます。
ここまではあまり人も来ませんね。それが堰月橋です。
a0219537_23133794.jpg
この橋を渡ると龍吟庵、拝観できないので静まり返っています。
いいとこ見つけました。

[PR]
# by sam3636sam | 2016-05-06 23:13 | 街歩き
高崎からドライブで松本まで。
途中松代城にも寄り道して、夜になって松本着。
桜の季節は松本城はライトアップ、普段は有料ゾーンの二の丸も開放と太っ腹。
国宝松本城の天守閣には登らせてはもらえません。
a0219537_22515732.jpg
お濠にライトアップされた桜が映り込む。
a0219537_22522306.jpg
翌朝、そのお濠に散った桜がピンクの絨毯。
a0219537_22530348.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-04-19 22:45 | 旅行
ソメイヨシノ発祥の地、染井にある染井霊園はさすがに桜の名所。
立派な桜の木が並んでいる。でもお墓なんで人もあまり来ないようで。
巣鴨の駅からすぐなのに既に山の中のような雰囲気。
朝の途中下車でお散歩です。
a0219537_23465646.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-04-10 23:41 | 街歩き
九段下で水彩画の先生方のグループ展があったので見に行きました。
これはとても参考になった。
そのついでに、満開になっているであろう千鳥ヶ淵にも足を伸ばして。
確かに満開、桜は言うことなし、但しお天気がイマイチ、人混みも凄いことに。
a0219537_06292074.jpg
ボートに乗るのに3時間待ち。
でも意外に中国人団体は来てなかった。このため大変な混雑でも特に混乱もなく
主な写真スポットでもちょっと待ってれば最前列に移動できた。
a0219537_06305836.jpg
この満開の桜は次の快晴の日まで待ってくれるのだろうか。


[PR]
# by sam3636sam | 2016-04-05 06:34 | 街歩き
満開宣言が出た3月31日の夜、飲み会の後に千鳥ヶ淵に寄ってみました。
LEDでのライトアップです。
東京タワーが輝いております。
a0219537_22532042.jpg
a0219537_22533451.jpg
ボートは整然と並んで係留されております。
a0219537_22534004.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-04-03 22:56 | 街歩き
今年も出勤途上の早朝お散歩で千鳥ヶ淵。
ちょうど満開宣言が出た3月31日のお天気が良い日でした。
午後に満開宣言が出たようですが、その日の朝なのでまだ八分咲ちょっと前か。
やはり千鳥ヶ淵は空いてました。
a0219537_22452353.jpg
a0219537_22460429.jpg
展望台は朝早くは閉鎖されていて入れず。
a0219537_22482503.jpg
半蔵門手前から代官町に出て竹橋へと。
半蔵濠から国会議事堂が良く見えておりました。
a0219537_22471465.jpg
竹橋平川門前の大きい桜の木。まだ満開にはなっていません。
a0219537_22513436.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-04-03 22:52 | 街歩き
帰省ついでに奥琵琶湖までドライブ。
やはり奥琵琶湖は北陸に近いだけあって京都が晴れていても雲が多くて小雨もポツポツなお天気模様。
賤ヶ岳を過ぎて長浜に入ったあたりで湖に面したレイクサイドコースを走っていると竹生島に一筋の光芒が
煌めく神々しい瞬間に出合いました。
a0219537_22585061.jpg
このあたり、林が湖に沈んでいる光景が何度も。
一本の大きい木が湖の波打ち際近くに立っています。
その奥にこれも神々しい光芒がキラキラと。
a0219537_22592729.jpg
さすが近江の国、古の人たちはこのような光景を見て歌を詠んだのでしょう。

[PR]
# by sam3636sam | 2016-03-21 23:09 | 旅行
海越しに富士山を見るスポット、それが薩埵峠。東海道線の由比と興津の間にある峠で箱根に次ぐ難所。東名高速はこの難所を避けてトンネルに潜ってしまうところ。安藤広重の東海道五十三次にも描かれている峠。今回は興津から徒歩で向う。ちょっとした山道だが難なく登ってこの景色。
a0219537_23005122.jpg

[PR]
# by sam3636sam | 2016-03-10 23:01 | 旅行